【ホヤ料理を楽しむ会 8/5 】 1-2面


落ち込んだままのホヤ国内消費を何とか引き上げ、「ホヤファン」を増殖しようと「ホヤ料理を楽しむ会」を8/5に開催しました。メニューは、定番の「酢の物」、「刺身」、「一夜漬け」に、「干物」、「焼きホヤ」、「チーズ焼き」を加え、最後は「ホヤ飯」でしめました。大好評でした。ホヤは鮮度管理さえしっかりしていれば、美味しい海鮮です。ぜひみなさん、ホヤの国内消費拡大運動にご参加ください!






東北文化財映像研究所の阿部武司氏のご好意により動画を拝借してお送りいたします。
映像プロフェッショナルによるダイナミックでボリューム満点の動画であり、かつ貴重な一級品資料でもあります。
第56回目の今回は以下の2本です。
今回号は、8/4・5・6の三日間開催された「北上みちのく芸能まつり」からの動画です。このおまつりには、近隣の百を超える郷土芸能団体が出演しますが、その中でも代表的な「鬼剣舞」と「獅子躍り」を取り上げます。
ほかにもご紹介したい動画がたくさんありましたが、この2本を選びました。
ご興味のある方は、阿部氏のYOU TUBEをのぞいてみてください。
ものすごいコレクションです。


「第56回北上みちのく芸能まつり5日おまつり広場 黒岩鬼剣舞」


「第56回北上みちのく芸能まつり5日諏訪神社金津流梁川獅子躍」

過去の動画はこちらからご覧いただけます。

「シリーズ 遠野の自然 「遠野の立秋」 7面

シリーズ第54回目。「遠野1000景さん」の写真を拝借して岩手・遠野の魅力をお伝えします。 先月号では遠野で毎日30度を越える日々が続いているとお伝えしましたが、現在は一転して涼しい夏に変わったようです。まさに立秋です。

「東北の夏・秋祭り情報」 8面

東北の祭りは、ねぶた/七夕/竿灯だけではありません。 見ごたえある祭りが盛りだくさんです。それらのほんの一部だけご紹介します。 これから間に合う秋祭りもありますし、来年夏に予定する夏祭り情報もあります。

「観光とは外向きのことだけではない」 5面

大友浩平さん写真創刊号からの連載企画の第63回目。大友さん、創刊以来、ご寄稿ありがとうございます。
前号に続いて、観光都市・仙台をさまざまなアングルから分析されています。

「東北をひとつの国となす事」 6面

奥羽越現像さん写真

創刊号からの連載企画の第63回目。げんさん、創刊以来、ご寄稿ありがとうございます。
東北という場所について考えさせられた一冊として北方謙三による『破軍の星』を取り上げ、東北を論じています。

【写真でお伝えする『東北の風景』((夏の祭り)】 4面

尾崎匠氏の写真を拝借して東北の風景や文化をお伝えするシリーズの10回目。 東北の夏はやはり何といっても祭りです。その祭りからの躍動感あふれる写真がいっぱいです。

【「魚食べよう!連載紙上料理教室36回目 《イワシのフライ》」】 3面

イワシのフライ

【東北水産業再興のための中長期的支援運動のすすめ】としての【連載 紙上料理教室】の 第36弾は【イワシのフライ】です。 最近、イワシは高騰しており、このままだといずれは高級魚になるかもしれません。 それにしても、脂の乗ったイワシはうまそうです。

【『地方創生』を東北水産業復興に活かすための考え方】 3面

先日聞いた経済講演から、三陸水産業復興を考えてみました。人・モノ・金が、 東京一極集中していますが、これを逆利用して復興に活かすという考え方です。

協力者募集

当新聞の発行にボランティアでご参加いただける方を募集しております。

記事の投稿をお願いできる方、記者・編集者等としてご協力いただける方、ニュースのご紹介、その他新聞発行に関わるさまざまな業務にご協力いただける方は、下記連絡先までご連絡ください。
お待ちしています。

yumuyu@wj8.so-net.ne.jp

公益社団法人 全日本郷土芸能協会への支援の呼びかけ

現在、協会が立ち上げた『東日本大震災・郷土芸能復興支援プロジェクト』への支援呼びかけに協力するため、当新聞のTOPページ右上にクリックボタンを設定しております。ご協力のほどお願い申し上げます。

他の復興活動との連係を目指します!

当新聞は東北復興を目指す他のさまざまな個人、組織、機関との連携を目指します。

復興は、多くの個別の活動がバラバラに林立するだけでは非効率であるし、シナジー効果も産み出せないと考えます。そのため当新聞そのものが、さまざまな活動が連携を模索する場でもありたいという願いから、積極的に他の活動をPRしてまいりたいと思います。

この趣旨にご賛同の活動主体の皆さんから積極的に自薦または他薦をお願いいたします。