【映画【涌谷7000年の歴史】ついに完成】 1面


東北古代史を掘り起こす歴史ドキュメンタリー映画…【涌谷7000年の歴史】がついに完成しました。 涌谷での本番上映に先行して、2/23、三鷹市にある「三鷹産業プラザ」にて試写会開催します。






東北文化財映像研究所の阿部武司氏のご好意により動画を拝借してお送りいたします。
映像プロフェッショナルによるダイナミックでボリューム満点の動画であり、かつ貴重な一級品資料でもあります。
第74回目の今回は以下の2本です。
黒森神楽は、黒森山を行場とする修験山伏の集団によって伝承されてきましたが、芸能史上貴重です。現在は正月明けに黒森神社を舞立ち、北廻り(宮古市〜普代村)と南廻り(宮古市〜大槌町)を1年交代で、1〜2ヶ月間巡業します。その黒森神楽から、筆者の大好きな「山の神」と「大蛇退治」の二本をお送りします。
ほかにもご紹介したい動画がたくさんありましたが、この2本を選びました。
ご興味のある方は、阿部氏のYOU TUBEをのぞいてみてください。
ものすごいコレクションです。


「 2019黒森神楽北上巡行「山の神」 」


「 2019黒森神楽北上巡行「大蛇退治」 」

過去の動画はこちらからご覧いただけます。

「シリーズ 遠野の自然 「遠野の立春」 6面

シリーズ第72回目。「遠野1000景さん」の写真を拝借して岩手・遠野の魅力をお伝えします。 暦では立春ですが、一番寒い季節です。遠野もこの季節が最も寒いと言われています。そんな遠野から氷だらけの画像をお送りします。ブルッブルッ。

「魚食べよう!連載紙上料理教室54回目【ごっこ汁】」 2面

【東北水産業再興のための中長期的支援運動のすすめ】としての【連載 紙上料理教室】の第54弾は《ごっこ汁 》。 記事をご提供いただいた松本さんからは「宮城産の岩海苔を使ったごっこ汁。仙台でも食べるようですが、函館では1〜2月限定の郷土料理です。」とのコメントが寄せられています。ごっこという魚もかわいいですね。ぜひお試しください。

『東北の「元気」はどれくらいか〜全国「地域元気指数調査2018」の結果から』 4面

大友浩平さん写真創刊号からの連載企画の第81回目。大友さん、創刊以来のお付き合いとご寄稿ありがとうございます。
東北各県には自己評価と他者評価が一致しない項目が多いということですが、対外的にPR下手という側面もあるような気がします。

『『いわて』という名の軍艦、『むつ』という名の船の事』 5面

奥羽越現像さん写真

創刊号からの連載企画の第81回目。げんさん、創刊以来のお付き合いとご寄稿ありがとうございます。
げんさんの趣味のひとつに、昔の巡洋艦や駆逐艦というのがあったとは初耳でした。かなりマニアックな分野ですね。

【写真でお伝えする『東北の風景』(穏やかな2月)】 3面

尾崎匠氏の写真を拝借して東北の風景や文化をお伝えするシリーズの28回目。 冬の合間の穏やかな海の風景を中心にお送りします。

【第37回 三陸酒海鮮会】 2面

特に料理が素晴らしい回でしたので、ほとんどの料理の写真を網羅しました。もちろん地酒もおいしかったです。 次回は3/30です。

『 三陸海鮮と東北地酒が飲めるお店紹介』 7−8面

以前も紹介したことがありますが、三陸酒海鮮会ANEXXE会場を求めての探索開始ということも兼ねて、今後、機会を見つけてご紹介していきます。

協力者募集

当新聞の発行にボランティアでご参加いただける方を募集しております。

記事の投稿をお願いできる方、記者・編集者等としてご協力いただける方、ニュースのご紹介、その他新聞発行に関わるさまざまな業務にご協力いただける方は、下記連絡先までご連絡ください。
お待ちしています。

yumuyu@wj8.so-net.ne.jp

公益社団法人 全日本郷土芸能協会への支援の呼びかけ

現在、協会が立ち上げた『東日本大震災・郷土芸能復興支援プロジェクト』への支援呼びかけに協力するため、当新聞のTOPページ右上にクリックボタンを設定しております。ご協力のほどお願い申し上げます。

他の復興活動との連係を目指します!

当新聞は東北復興を目指す他のさまざまな個人、組織、機関との連携を目指します。

復興は、多くの個別の活動がバラバラに林立するだけでは非効率であるし、シナジー効果も産み出せないと考えます。そのため当新聞そのものが、さまざまな活動が連携を模索する場でもありたいという願いから、積極的に他の活動をPRしてまいりたいと思います。

この趣旨にご賛同の活動主体の皆さんから積極的に自薦または他薦をお願いいたします。