【『災害大国・日本』を全国民が共有する時は来るのか】 1面



台風19号『ハギビス』は予想もしなかった大雨と洪水と堤防決壊を引き起こし、甚大な被害をもたらしました。この被害はほんとうに想定できなかったのか?そしてまた、いつになったら3・11の教訓は活かされるのか?そうしたことを強く感じたので急遽TOP記事にしました。




東北文化財映像研究所の阿部武司氏のご好意により動画を拝借してお送りいたします。
映像プロフェッショナルによるダイナミックでボリューム満点の動画であり、かつ貴重な一級品資料でもあります。
第82回目の今回は以下の2本です。

根崎梯子虎舞のはしご上の舞はすごいですね。必見です。「2019風流特別講演会「金津流鶴羽衣鹿踊」の「女鹿かくし」は、一頭の女鹿を二頭の鹿が隠してしまい、雄鹿が探します。そして 二頭の鹿の仕業と気づき取り合いになるという踊りです。

ほかにもご紹介したい動画がたくさんありましたが、この2本を選びました。
ご興味のある方は、阿部氏のYOU TUBEをのぞいてみてください。
ものすごいコレクションです。


「2019根崎梯子虎舞(黒崎神社式年大祭) 」


「2019風流特別講演会「金津流鶴羽衣鹿踊」

過去の動画はこちらからご覧いただけます。

「シリーズ 遠野の自然 「遠野の寒露」」 6面

シリーズ第80回目。「遠野1000景さん」の写真を拝借して岩手・遠野の魅力をお伝えします。 今回は秋の香りがたくさんする写真がいっぱいです。四季の穏やかな進行というものがどんなに貴重で稀有なことなのかを思い知らされた数日でした。

「魚食べよう!連載紙上料理教室62回目【芋床】」 2面

【東北水産業再興のための中長期的支援運動のすすめ】としての【連載 紙上料理教室】の第62弾は《芋床》。…福島県の郷土料理、芋床という保存調味料を魚に味付けしてみました。ブリ、鮭など魚を熟成させて、旨味がアップする。魚の旨みが引き出され、美味しくなります。ジプロック保存で6か月保つようです。(松本談)…みなさん、ぜひチャレンジしてみてください!

『高等教育と人口移動』 4面

大友浩平さん写真創刊号からの連載企画の第89回目。大友さん、創刊以来のお付き合いとご寄稿ご苦労様です。
今回の記事はちょっと驚きです。「東京に住む東北出身者は低学歴?」という書き出しから始まる記事ですが、とても興味深いです!

『【古代の鉄を探索する旅】C』  7面

今回は、一旦東北古代鉄を離れて、世界最古の人口鉄が4千年前にトルコで発明された話やトルコから中国、朝鮮半島へ伝播していった話。そして東北への伝播はどのルートから来たかを思わせる話に展開していきます。

【写真でお伝えする『東北の風景』(秋の鹿 )】 3面

尾崎匠氏の写真を拝借して東北の風景や文化をお伝えするシリーズの36回目。 岩手の9月、10月は秋祭りの季節。鹿たちもエネルギッシュに踊っています。

【将門が歩いた?東北の事】 5面

奥羽越現像さん写真

かの有名な平将門と東北のご縁についてのコラム。東北はなかなか奥深い歴史を有する。そして平将門も・・・

『「38ぎの会」交流』 2面

10/3、神田の「ヒガシノマグロ」店で開催。筆者は二回目の参加。宮城県選出の参議院議員さんも飛び入り参加。高校後輩にも出会い、大盛り上がり。

【第40回三陸酒海鮮会(9/21)】 8面

7年目続行中の柔らかい三陸復興支援の会も40回目を迎えました。肩ひじ張らずに来たのがここまで継続できた理由かもしれません。それといつも快く最高のコスパで地酒と海鮮を提供していただける焚火家さんのおかげ。秋の東北地酒、美味し!!

協力者募集

当新聞の発行にボランティアでご参加いただける方を募集しております。

記事の投稿をお願いできる方、記者・編集者等としてご協力いただける方、ニュースのご紹介、その他新聞発行に関わるさまざまな業務にご協力いただける方は、下記連絡先までご連絡ください。
お待ちしています。

yumuyu@wj8.so-net.ne.jp


公益社団法人 全日本郷土芸能協会への支援の呼びかけ

現在、協会が立ち上げた『東日本大震災・郷土芸能復興支援プロジェクト』への支援呼びかけに協力するため、当新聞のTOPページ右上にクリックボタンを設定しております。ご協力のほどお願い申し上げます。

他の復興活動との連係を目指します!

当新聞は東北復興を目指す他のさまざまな個人、組織、機関との連携を目指します。

復興は、多くの個別の活動がバラバラに林立するだけでは非効率であるし、シナジー効果も産み出せないと考えます。そのため当新聞そのものが、さまざまな活動が連携を模索する場でもありたいという願いから、積極的に他の活動をPRしてまいりたいと思います。

この趣旨にご賛同の活動主体の皆さんから積極的に自薦または他薦をお願いいたします。