【東北大学は東北の一大起業拠点になりうるか? 】 1面


東北大学理学部で開催された「東北インデペンデンツクラブ(10/6)」に参加して、 大学発ベンチャーが、東北経済復興の拠点になっていけるのかについて考えてみました。 なかなかむずかしい課題があることは事実ですが、突破口もあるのではないかとの考察もしてみました。








東北文化財映像研究所の阿部武司氏のご好意により動画を拝借してお送りいたします。
映像プロフェッショナルによるダイナミックでボリューム満点の動画であり、かつ貴重な一級品資料でもあります。
第58回目の今回は以下の2本です。
東北の鹿踊りにはさまざまな流派が存在しますが、青笹しし踊りは特にダイナミックです。神社奉納の踊りが見ものです。もう一本は、「注連切」という土沢神楽の演目がありますが、この舞の意味するところにとても興味があります。なにせ神聖な注連縄を切ってしまうのですから。
ほかにもご紹介したい動画がたくさんありましたが、この2本を選びました。
ご興味のある方は、阿部氏のYOU TUBEをのぞいてみてください。
ものすごいコレクションです。


「2017六神石神社青笹しし踊り奉納1」


「2017土沢神楽鏑八幡宵宮奉納2」

過去の動画はこちらからご覧いただけます。

「シリーズ 遠野の自然 「遠野の寒露」 6面

シリーズ第56回目。「遠野1000景さん」の写真を拝借して岩手・遠野の魅力をお伝えします。 今回号は、遠野まつり満載です。今年は所用があっておじゃまできなかったのですが、すばらしい写真を見て我慢することにいたしました。

「仙台駅前ほや料理専門店 「まぼ屋」 訪問」 7面

ほやの国内消費拡大支援活動はまだまだ続けます。今回は、本邦初のほや料理専門店「まぼ屋」 の取材記事です。ほやの旬は夏ですが、夏以外にもおいしくほやを食べられることをアピールして おきます。数々のほや料理ご覧ください。そして、やはり東北地酒の飲み放題ですね。 ぜひ一度と言わず何度も行ってみてください。

「東北・みやぎ復興マラソンが初開催!」 4面

大友浩平さん写真創刊号からの連載企画の第65回目。大友さん、創刊以来、ご寄稿ありがとうございます。
大友さんは、このフルマラソンに参加されたとのことです。記録は3時間41分。尋常な体力ではありませんね。 敬服いたします。

「「人知れず、勝つ」東北の事」 5面

奥羽越現像さん写真

創刊号からの連載企画の第65回目。げんさん、創刊以来、ご寄稿ありがとうございます。
東北はいつも負けているという常識にあえて逆らい、けっして注目は浴びないが、いつのまにか「人知れず、勝つ東北」について論じられています。興味深い考察です。

【写真でお伝えする『東北の風景』(紅葉と祭の彩り)】 3面

尾崎匠氏の写真を拝借して東北の風景や文化をお伝えするシリーズの12回目。 東北の秋は、単色の冬を数か月後に控えて、たくさんの彩りにあふれています。山も祭も鮮やかな彩りが乱舞しています。

【魚食べよう!連載紙上料理教室38回目 《鱈とジャガイモのオーブン焼き 》 と 第29回三陸酒海鮮会】 2面

サンマのイタリアンソース煮込み

【【東北水産業再興のための中長期的支援運動のすすめ】としての【連載 紙上料理教室】の 第38弾は【鱈とジャガイモのオーブン焼き 】です。涼しくなった秋にはボリュームある料理が最適ですね。第29回三陸酒海鮮会には、サプライズの「バクライ」も登場しました。ほやシリーズは続いています。

【紅葉の栗駒山登山】 8面

宮城・岩手・秋田県境にまたがる栗駒山に登り、紅葉も楽しんできました。人生初の沢登り にも挑戦して、山登りのすばらしさを満喫してきました。東北の山々はすばらしい。

協力者募集

当新聞の発行にボランティアでご参加いただける方を募集しております。

記事の投稿をお願いできる方、記者・編集者等としてご協力いただける方、ニュースのご紹介、その他新聞発行に関わるさまざまな業務にご協力いただける方は、下記連絡先までご連絡ください。
お待ちしています。

yumuyu@wj8.so-net.ne.jp

公益社団法人 全日本郷土芸能協会への支援の呼びかけ

現在、協会が立ち上げた『東日本大震災・郷土芸能復興支援プロジェクト』への支援呼びかけに協力するため、当新聞のTOPページ右上にクリックボタンを設定しております。ご協力のほどお願い申し上げます。

他の復興活動との連係を目指します!

当新聞は東北復興を目指す他のさまざまな個人、組織、機関との連携を目指します。

復興は、多くの個別の活動がバラバラに林立するだけでは非効率であるし、シナジー効果も産み出せないと考えます。そのため当新聞そのものが、さまざまな活動が連携を模索する場でもありたいという願いから、積極的に他の活動をPRしてまいりたいと思います。

この趣旨にご賛同の活動主体の皆さんから積極的に自薦または他薦をお願いいたします。