【涌谷産金が【日本遺産】認定】 1面


涌谷町・南三陸町・気仙沼市・陸前高田市・平泉町の二市三町の協同申請の「みちのくGOLD浪漫」が、5/20に、文化庁から日本遺産認定を受けました。3年越しの夢が叶いました。






東北文化財映像研究所の阿部武司氏のご好意により動画を拝借してお送りいたします。
映像プロフェッショナルによるダイナミックでボリューム満点の動画であり、かつ貴重な一級品資料でもあります。
第78回目の今回は以下の2本です。
大乗神楽の「帝童」は初めて取り上げます。竜女の舞と言われますが、不思議な演目です。「宝狂言」も初めて取り上げます。大乗神楽の狂言というのも興味深いです。
ほかにもご紹介したい動画がたくさんありましたが、この2本を選びました。
ご興味のある方は、阿部氏のYOU TUBEをのぞいてみてください。
ものすごいコレクションです。


「 2019大乗神楽大会「帝童」村崎野大乗神楽 」


「 2019大乗神楽大会「宝狂言」宿大乗神楽 」

過去の動画はこちらからご覧いただけます。

「シリーズ 遠野の自然 「遠野の芒種」 6面

シリーズ第76回目。「遠野1000景さん」の写真を拝借して岩手・遠野の魅力をお伝えします。 6月初めは、24節季でいう「芒種」です。植物も動物も、芽吹いて、動き出す季節です。

「魚食べよう!連載紙上料理教室58回目【焼き椎茸ととろろ丼】 / 第39回 三陸酒海鮮会」 3面

【東北水産業再興のための中長期的支援運動のすすめ】としての【連載 紙上料理教室】の第58弾は《焼き椎茸ととろろ丼》。 焼き椎茸は日本酒のアテに最高って知ってますか?加えてマグロと長芋、たまりません、丼をいただきながらの日本酒、最高です。
令和元年初の三陸酒海鮮会は6月1日(土)、16:00〜19:00、場所は焚火家渋谷店で開催されました。 夏酒がとても美味しかったですよ!次回は9/21です。

『東日本大震災から八年三カ月、宮城県沖地震から四一年』 5面

大友浩平さん写真創刊号からの連載企画の第85回目。大友さん、創刊以来のお付き合いとご寄稿ありがとうございます。
6/11に仙台市・若林区に「3・11不忘の碑」が建てられました。お二人の殉職者の慰霊碑です。その一人が大友さんの弟さんです。ご冥福をお祈りします。

『大震災後初のホヤ廃棄ゼロ実現へ』 2面

ホヤ関係者のさまざまな尽力により、大震災後初のホヤ廃棄ゼロが叶いそうです。みなさんも、新たなホヤレシピに挑戦しようではありませんか?特にホヤ嫌いの方、鮮度は大きく改善されていますよ!

【写真でお伝えする『東北の風景』(春の景色)】 4面

尾崎匠氏の写真を拝借して東北の風景や文化をお伝えするシリーズの32回目。 岩手は春爛漫です。他方、山にはまだたくさん雪が残っています。

【福島産日本酒、今年も金賞最多】 7面

三陸酒海鮮会でも福島産日本酒の写楽は常連ですが、日本酒品評会で、福島産日本酒の金賞受賞・22銘柄が最多でした。地道な努力が『うまさ』つながっていると思います。頑張れ、福島日本酒!

『【38ぎ会】に初参加』8面

宮城県出身者の会である【38ぎ会】に参加してみました。そこでは、たくさんの出会いがありました。

協力者募集

当新聞の発行にボランティアでご参加いただける方を募集しております。

記事の投稿をお願いできる方、記者・編集者等としてご協力いただける方、ニュースのご紹介、その他新聞発行に関わるさまざまな業務にご協力いただける方は、下記連絡先までご連絡ください。
お待ちしています。

yumuyu@wj8.so-net.ne.jp

公益社団法人 全日本郷土芸能協会への支援の呼びかけ

現在、協会が立ち上げた『東日本大震災・郷土芸能復興支援プロジェクト』への支援呼びかけに協力するため、当新聞のTOPページ右上にクリックボタンを設定しております。ご協力のほどお願い申し上げます。

他の復興活動との連係を目指します!

当新聞は東北復興を目指す他のさまざまな個人、組織、機関との連携を目指します。

復興は、多くの個別の活動がバラバラに林立するだけでは非効率であるし、シナジー効果も産み出せないと考えます。そのため当新聞そのものが、さまざまな活動が連携を模索する場でもありたいという願いから、積極的に他の活動をPRしてまいりたいと思います。

この趣旨にご賛同の活動主体の皆さんから積極的に自薦または他薦をお願いいたします。