【野球とソフトボールの福島開催濃厚】 1面

野球とソフトボールの福島開催濃厚

政治的かけひきのみで決まりそうな2020東京オリンピックの東北開催ですが、経緯はともかく、せっかくのチャンスを東北復興に活かそうではないかという提言です。福島第一原発による放射能問題も、それにより、現状のまま放置することは出来なくなります。

【 ネットアンケート実施中 2016.11.16開始 】

【「復興」ではなく「復旧」で終わるのではないか?】のネット世論調査を開始。

3・11から5年半以上経ちましたが、復旧もままならず、福島は依然として放射能汚染の影響に苦しんでいます。ほんとうに「復旧」だけでなく、「復興」といえる状況にまで到達できるのでしょうか?徐々に心配になってきました。そこでみなさんにこの一連の質問を投げかけたいと思います。

アンケートへのご回答はこちらからお願いいたします。

【東京オリンピック競技の東北開催について】のネット世論調査結果につきましては、第8面に掲載いたしました。ご覧ください。
今回(第54号)も引き続きよろしくお願いいたします。


東北文化財映像研究所の阿部武司氏のご好意により動画を拝借してお送りいたします。
映像プロフェッショナルによるダイナミックでボリューム満点の動画であり、かつ貴重な一級品資料でもあります。
第47回目の今回は以下の2本です。
「1978年中野七頭舞in北上」」と「2004年和賀の大乗神楽大乗会「地讃・荒神」8」の2本です。中野七頭舞は激しい踊りですが、筆者の好きな演目のひとつです。大乗神楽の魅力は言い尽くせません。荒神の三つ目の面も惹かれます。

ほかにもご紹介したい動画がたくさんありましたが、この2本を選びました。
ご興味のある方は、阿部氏のYOU TUBEをのぞいてみてください。
ものすごいコレクションです。


「1978年中野七頭舞in北上」」


「2004年和賀の大乗神楽大乗会「地讃・荒神」8」


過去の動画はこちらからご覧いただけます。

「シリーズ 遠野の自然 「遠野の寒露」 7面

火喰いゴンゲン舞

シリーズ第45回目。「遠野1000景さん」の写真を拝借して岩手・遠野の魅力をお伝えします。
今回は、立冬を迎えた遠野ですが、名残惜しい秋の祭り風景や花々、石塔の写真がぎっしりです。

「来年満六年を迎える3・11 」 2面

福島第一原発一号機のカバー解体後

少し気が早いが、来年以降の東北被災地の復興を考えると恐ろしい。忘れ去られるということもだが、7年目以降の東北被災地の復興ビジョンは結局のところウヤムヤになってしまうのではないかという大きな疑問が頭をもたげてくるのである。

「「楽都」への道」 5面

大友浩平さん写真創刊号からの連載企画の第54回目。
仙台を「楽都」といわれるウイーンのようにしようという提言です。
仙台市内の音楽イベントはけっこう数が多いようです。福島の郡山も同じだということです。
音楽に囲まれた生活はいいですね。

「連載むかしばなし 『芭蕉の辻で会いませう』 」 6面

奥羽越現像さん写真

創刊号からの連載企画の第54回目。
連載「むかしばなし」の42回目。第42話は「北岸を征す」。
―前号の予告―
雷神と護法の戦いは、ナレーションだけで終わるのか?まるで○河ドラマだな・・(おい)次回、頼朝、窮鼠猫を噛む!!?

新シリーズ 【写真でお伝えする『東北の紅葉(岩手)』】 3面

松川渓谷

尾崎匠氏の写真を拝借して東北の風景や文化をお伝えするシリーズを今回号から開始します。
第一回目は「東北の紅葉(岩手)」です。鮮やかな紅葉に目を奪われます。

【魚食べよう! 連載 紙上料理教室27回目 【サバの黒酢照り焼き】 と三陸酒海鮮会― 第24回渋谷開催と第21回日本橋開催の参加者募集】 4面

秋鮭ときのこの牛乳とろろ焼き

【東北水産業再興のための中長期的支援運動のすすめ】としての【連載 紙上料理教室】の第27弾は【サバの黒酢照り焼き】です。
青森県沖で獲れたサバを使った黒酢照り焼きです。今年は青森沖でサバやいわしが豊漁と聞きます。その豊漁のサバを使った料理です。
11月も半ばとなり、日本酒となべ物が恋しい季節を迎えております。ぜひ三陸酒海鮮会へ。みなさま、よろしくお願いいたします。

8面に、前号の【東京オリンピック競技の東北開催について】のネット世論調査結果を グラフ化し、分析しました。多くのご回答をいただきありがとうございました。
ご協力に感謝いたします。

協力者募集

当新聞の発行にボランティアでご参加いただける方を募集しております。

記事の投稿をお願いできる方、記者・編集者等としてご協力いただける方、ニュースのご紹介、その他新聞発行に関わるさまざまな業務にご協力いただける方は、下記連絡先までご連絡ください。
お待ちしています。

yumuyu@wj8.so-net.ne.jp

公益社団法人 全日本郷土芸能協会への支援の呼びかけ

現在、協会が立ち上げた『東日本大震災・郷土芸能復興支援プロジェクト』への支援呼びかけに協力するため、当新聞のTOPページ右上にクリックボタンを設定しております。ご協力のほどお願い申し上げます。

他の復興活動との連係を目指します!

当新聞は東北復興を目指す他のさまざまな個人、組織、機関との連携を目指します。

復興は、多くの個別の活動がバラバラに林立するだけでは非効率であるし、シナジー効果も産み出せないと考えます。そのため当新聞そのものが、さまざまな活動が連携を模索する場でもありたいという願いから、積極的に他の活動をPRしてまいりたいと思います。

この趣旨にご賛同の活動主体の皆さんから積極的に自薦または他薦をお願いいたします。