【 『来月5日【ホヤ料理を楽しむ会(渋谷)】開催決定&『ホヤ料理紹介』】 1-2面


昨年に大量廃棄したホヤ。国内消費も落ち込んだまま。放射能の風評被害で輸出もストップ。八方ふさがりのホヤを何とかしようと一大実験を挙行しようと考えました。 ホヤは鮮度管理さえしっかりしていれば、美味しい海鮮です。それを実感していただく機会を設定しました。ご提供する料理の一端も、実際に作って、食べてみて、また食べてもらいました。非常に好評でした。ぜひみなさん、ホヤの国内消費拡大にご協力を!







東北文化財映像研究所の阿部武司氏のご好意により動画を拝借してお送りいたします。
映像プロフェッショナルによるダイナミックでボリューム満点の動画であり、かつ貴重な一級品資料でもあります。
第55回目の今回は以下の2本です。
さんさ踊りは盛岡のものが有名ですが、このさんさ踊りも良いですね。ほのぼのとしてきます。子供たち三人による三番叟もとてもかわいいです。
ほかにもご紹介したい動画がたくさんありましたが、この2本を選びました。
ご興味のある方は、阿部氏のYOU TUBEをのぞいてみてください。
ものすごいコレクションです。


「三本柳さんさ踊り(2017大槌町郷土芸能祭)」


「白銀四頭権現神楽三嶋神社奉納「三番叟」」

過去の動画はこちらからご覧いただけます。

「シリーズ 遠野の自然 「遠野の小暑」 7面

シリーズ第53回目。「遠野1000景さん」の写真を拝借して岩手・遠野の魅力をお伝えします。
最近では遠野でも毎日30度を越える日々が続いているそうです。夏でも涼しいという位置づけも変化しそうですね。今回は遠野の夏の始まりの風景をお届けします。

「東北の事業家たちとの交流 A」 8面

三陸酒海鮮会の常連の轟氏の紹介で、東北の事業家たちと交流を始めました。 今回が二回目で、福島県の川内村の渡辺氏と宮城県気仙沼の佐々木氏のお二人でした。 三次会でいただいた岩手のAKABUが美味しかった。

「観光都市としての仙台を三都市の比較で考える」 5面

大友浩平さん写真創刊号からの連載企画の第62回目。大友さん、ここまでよくおつきあいいただき感謝です!
三都市とは、前橋、金沢、そして仙台です。面白いアングルからの議論です。

「東北を舞台とすること」 6面

奥羽越現像さん写真

創刊号からの連載企画の第62回目。げんさん、ここまでよくおつきあいいただき感謝です。
連載むかしばなし『芭蕉の辻で会いませう』の連載が前回で終了しました。今回から新たな企画がスタートしました。

【写真でお伝えする『東北の風景』(登ってみたい山 A)】4面

今回も、登ってみたい東北の山特集の第二弾です。写真提供者の尾崎氏は山登りがご趣味です。 筆者も、お恥ずかしいのですが、最近山登りならぬ山歩きを始めましたが、今月中に暑いさなかに二回山歩きをする予定です。

【「魚食べよう!連載紙上料理教室35回目 《タコメシ》」】3面

タコメシ

【東北水産業再興のための中長期的支援運動のすすめ】としての【連載 紙上料理教室】の 第35弾は【タコメシ】です。 最近、「ホヤ料理」で料理をすることが面白くなってきた超初心者の筆者も挑戦してみようかと思っています。

【『きばさ』って知っていますか?】 3面

少し前には海の厄介者として扱われたこともある海藻の『きばさ』(あかもく)ですが、最近では 栄養価の高い海鮮食品として見直されています。三陸では水産業復興の貢献もしています。

協力者募集

当新聞の発行にボランティアでご参加いただける方を募集しております。

記事の投稿をお願いできる方、記者・編集者等としてご協力いただける方、ニュースのご紹介、その他新聞発行に関わるさまざまな業務にご協力いただける方は、下記連絡先までご連絡ください。
お待ちしています。

yumuyu@wj8.so-net.ne.jp

公益社団法人 全日本郷土芸能協会への支援の呼びかけ

現在、協会が立ち上げた『東日本大震災・郷土芸能復興支援プロジェクト』への支援呼びかけに協力するため、当新聞のTOPページ右上にクリックボタンを設定しております。ご協力のほどお願い申し上げます。

他の復興活動との連係を目指します!

当新聞は東北復興を目指す他のさまざまな個人、組織、機関との連携を目指します。

復興は、多くの個別の活動がバラバラに林立するだけでは非効率であるし、シナジー効果も産み出せないと考えます。そのため当新聞そのものが、さまざまな活動が連携を模索する場でもありたいという願いから、積極的に他の活動をPRしてまいりたいと思います。

この趣旨にご賛同の活動主体の皆さんから積極的に自薦または他薦をお願いいたします。