【新型コロナ禍を人口大逆転の契機にしよう!】 1-2面


永年の人口減少に解決策を見いだせない東北に発想の大転換を促そうという記事です。1300年ものあいだ流出を続け いまも減り続ける東北の人口を、新型コロナ禍をバネにして、かつ、知恵を絞って取り戻そうではありませんか!





従来の民俗芸能動画紹介に加えて、前号に引き続き、当新聞の発行元である(株)遊無有がプロデュースした「埋もれた東北古代史を掘り起こす映像 シリーズ」のプロモーションビデオも紹介させていただきます。シリーズ第一弾企画は、日本刀の真実のルーツを掘り起こした映像 【鬼がつくった日本刀】のプロモーション動画です。【鬼がつくった日本刀】のプロモーション動画です。5月末からの上映予定でしたが、3度目の正直で7月からの上映となりました。東京上映は7/22のみとなりました。3月末からのDVD販売を開始しております。 なお、DVDの購入お問い合わせが多くなっております。郵便番号・ご住所・ご氏名・電話番号・ご希望本数を明記のうえ、下記アドレスまでお知らせ ください。税込3300円、送料無料です。
「y.s.yumuyu@ozzio.jp」

また、従来からの継続ですが、東北文化財映像研究所の阿部武司氏のご好意により動画を拝借してお送りいたします。
映像プロフェッショナルによるダイナミックでボリューム満点の動画であり、かつ貴重な一級品資料でもあります。
数々の疫病退散祈願を何百年も担ってきた郷土芸能です。今般の新型コロナも郷土芸能の力で退散するよう祈念しましょう。 第92回目の今回は以下の動画です。
『2020年達谷窟毘沙門神楽悪疫退散祈願御神楽奉納』。新型コロナ禍で多くの郷土芸能公演が中止に追い込まれているなかでの 公演を応援しましょう!
ほかにもご紹介したい動画がたくさんありましたが、この1本を選びました。
ご興味のある方は、阿部氏のYOU TUBEをのぞいてみてください。
ものすごいコレクションです。



「【鬼がつくった日本刀】のプロモーションビデオ」

プロモーションビデオはこちら




   

「2020年達谷窟毘沙門神楽悪疫退散祈願御神楽奉納」

「シリーズ 遠野の自然 「遠野の小暑」」 6面

シリーズ第89回目。「遠野1000景さん」の写真を拝借して岩手・遠野の魅力をお伝えします。 今回は遠野の動物と花々の写真をお借りしました。子ギツネは愛らしいですね。カモシカの親子も。岩手は依然として新型コロナ感染ゼロを継続中です。一人も出してはいけないとみな極度に緊張しているとの情報があります。あまり緊張しないでいただきたいですね。

「「魚食べよう!連載紙上料理教室71回目【タイのカルパッチョ】」 3面

【東北水産業再興のための中長期的支援運動のすすめ】としての【連載 紙上料理教室】の第71弾は《タイのカルパッチョ》。飾り花の彩りが鮮やかですね。「鯛の刺身がしっかりしてました。そして、パンにも合いますね」との松本さんからの言葉です。みなさん、ぜひチャレンジしてみてください!

『「複合災害」に どう対応するか』 5面

大友浩平さん写真創刊号からの連載企画の第98回目。大友さん、創刊以来のお付き合いとご寄稿ご苦労様です。
「百年に一度」、「未曽有」、「想定外」は最近の自然大災害に決まってつく形容詞ですが、そろそろ基本スタンスを変えるべきですね。。

【写真でお伝えする『東北の風景』(新型コロナ禍自粛症候群『対応薬A』 )】 4面

尾崎匠氏の写真を拝借して東北の風景や文化をお伝えするシリーズの45回目。 前回に続いて新型コロナ禍自粛症候群『対応薬A』と題してたくさんの写真を掲載しました。

『「東北人の口の永遠の友」の事』 7面

奥羽越現像さん写真

久しぶりのげんさんのご寄稿です。げんさんの山形ラーメン愛がつづられています。ラーメンの全国一の消費は山形県だったんですね。

【歴史ドキュメンタリー『鬼がつくった日本刀』ようやく上映】8面

「想定外」の二度の延期、もうだめかなとあきらめかけたりもしましたが、当日は雨降りのなか、三度目でようやく実現した映像上映です。あらためて映像を見て、古代東北刀鍛冶の運命に同化していくのを感じました。この史実は埋もれさせてはなりませんね。

【宅飲みでガマン、東北地酒!飲みたい、吞みたい・・・!】3面

延期を余儀なくされた3月14日開催のはずだった第43回目の三陸酒海鮮会から、はや 4か月も経ちましたが、依然として代替日程が未定のまま推移しております。美味しい東北地酒への恋しさが狂おしいほどに募っておりますが、みなさましばし我慢ですぞ!以前の写真画像のみで何とか耐えてください。また、可能ならば宅飲みでガマンしてください。再びお会いできる日を楽しみに!

協力者募集

当新聞の発行にボランティアでご参加いただける方を募集しております。

記事の投稿をお願いできる方、記者・編集者等としてご協力いただける方、ニュースのご紹介、その他新聞発行に関わるさまざまな業務にご協力いただける方は、下記連絡先までご連絡ください。
お待ちしています。

yumuyu@wj8.so-net.ne.jp

公益社団法人 全日本郷土芸能協会への支援の呼びかけ

現在、協会が立ち上げた『東日本大震災・郷土芸能復興支援プロジェクト』への支援呼びかけに協力するため、当新聞のTOPページ右上にクリックボタンを設定しております。ご協力のほどお願い申し上げます。

他の復興活動との連係を目指します!

当新聞は東北復興を目指す他のさまざまな個人、組織、機関との連携を目指します。

復興は、多くの個別の活動がバラバラに林立するだけでは非効率であるし、シナジー効果も産み出せないと考えます。そのため当新聞そのものが、さまざまな活動が連携を模索する場でもありたいという願いから、積極的に他の活動をPRしてまいりたいと思います。

この趣旨にご賛同の活動主体の皆さんから積極的に自薦または他薦をお願いいたします。