【新たな東北古代製鉄跡か?(宮城涌谷町)】 1-2面


先月中旬、郷里の宮城県涌谷町でたくさんの鉄滓(てっさい)と炉跡を発掘した。この町は古代では製鉄を行っていたが、これでそれが証明される可能性が大きくなった。専門家の詳しい調査を待たなければならないが、みちのく古代史は変わるかもしれない。




東北文化財映像研究所の阿部武司氏のご好意により動画を拝借してお送りいたします。
映像プロフェッショナルによるダイナミックでボリューム満点の動画であり、かつ貴重な一級品資料でもあります。
第86回目の今回は以下の2本です。

今回は北上市の「鬼の館」で行われた新春の大乗神楽公演からの2本です。最初は筆者が大好きな村崎野大乗神楽の「荒神」。もうひとつは宿大乗神楽の「庭静」。初めて見る演目です。

ほかにもご紹介したい動画がたくさんありましたが、この2本を選びました。
ご興味のある方は、阿部氏のYOU TUBEをのぞいてみてください。
ものすごいコレクションです。


「 村崎野大乗神楽「荒神」2020新春大乗神楽公演」


「宿大乗神楽「庭静」2020新春大乗神楽公演 」

過去の動画はこちらからご覧いただけます。

「シリーズ 遠野の自然 「遠野の立春」」 6面

シリーズ第84回目。「遠野1000景さん」の写真を拝借して岩手・遠野の魅力をお伝えします。 暖冬の遠野から例年の寒い遠野に戻ったようです。そうしたなかで「寒い景色」を取り上げてみました。やはり冬は寒くなくちゃ。

「魚食べよう!連載紙上料理教室66回目【ブリと豆腐の みぞれ鍋】」 2面

【東北水産業再興のための中長期的支援運動のすすめ】としての【連載 紙上料理教室】の第66弾は《ブリと豆腐の みぞれ鍋》。レシピ提供の松本さんからは「今が旬のブリは、脂がのって美味しいですね」とのコメントが寄せられています。みなさん、ぜひチャレンジしてみてください!

『さらば!岩手の銀河高原ビール』 5面

大友浩平さん写真創刊号からの連載企画の第93回目。大友さん、創刊以来のお付き合いとご寄稿ご苦労様です。
まことに残念なことに、岩手の地ビール「銀河高原ビール」の岩手県内での生産が終わるということです。美味しかったのに残念です。

『岩手南部の神社巡り @ A 』 7面

年明けの1月に、日本刀ルーツのひとつである舞草刀の古代生産拠点の一関の舞草神社と花巻市東和町の丹内山神社を訪問しました。舞草神社の長い長い参道は登るのが大変でした。でも訪れる価値は十二分にあり!丹内山神社のアラハバキ大神という巨石との出会いも素晴らしかった。

『岩手南部の神社巡り B C 』 8面

7面と同じく、年明け1月に、岩手県藤沢町の立石神社と衣川地区の磐神社に行ってきました。立石神社では2時間半も彷徨った後に、やっと 見つけましたが、行って良かった。神々しい巨岩です。磐神社のアラハバキ信仰も行って良かったです。今後アラハバキ信仰は追いかけていきます。

【【写真でお伝えする『東北の風景』( いつかの寒い冬岩手) 】 4面

尾崎匠氏の写真を拝借して東北の風景や文化をお伝えするシリーズの40回目。 冬の出だしは暖冬でしたので、少し昔の寒かった岩手の写真を乗せてみました。寒い冬を思い出してください。

【第42回 三陸酒海鮮会】と【一関・気仙沼食材フェアin横浜中華街前夜祭】3面

1月24日と25日と連チャンで、日本酒と海鮮の会に参加。ひとつは42回目を迎えた三陸酒海鮮会。今回は初参加の方々が多かった。ありがとうございました。もうひとつは、岩手の一関と宮城の気仙沼のコラボの食材フェア。どちらも応援してまいります。

協力者募集

当新聞の発行にボランティアでご参加いただける方を募集しております。

記事の投稿をお願いできる方、記者・編集者等としてご協力いただける方、ニュースのご紹介、その他新聞発行に関わるさまざまな業務にご協力いただける方は、下記連絡先までご連絡ください。
お待ちしています。

yumuyu@wj8.so-net.ne.jp

公益社団法人 全日本郷土芸能協会への支援の呼びかけ

現在、協会が立ち上げた『東日本大震災・郷土芸能復興支援プロジェクト』への支援呼びかけに協力するため、当新聞のTOPページ右上にクリックボタンを設定しております。ご協力のほどお願い申し上げます。

他の復興活動との連係を目指します!

当新聞は東北復興を目指す他のさまざまな個人、組織、機関との連携を目指します。

復興は、多くの個別の活動がバラバラに林立するだけでは非効率であるし、シナジー効果も産み出せないと考えます。そのため当新聞そのものが、さまざまな活動が連携を模索する場でもありたいという願いから、積極的に他の活動をPRしてまいりたいと思います。

この趣旨にご賛同の活動主体の皆さんから積極的に自薦または他薦をお願いいたします。