【古代東北の英雄・アテルイの地探訪 連載企画 K 【東北先史時代学】】 1−2面


先月、古代東北の英雄・アテルイ生誕の地である岩手県奥州市水沢を訪問し、また「巣伏の戦い」の地を探索した。この戦いは、5万の朝廷軍を相手にわずか1500の兵で勝利した奇跡的な戦いだった。やはり現地を訪ねて分かることがある。アテルイの決断力と統率力と勇猛果敢さだった。






東北文化財映像研究所の阿部武司氏のご好意により動画を拝借してお送りいたします。
映像プロフェッショナルによるダイナミックでボリューム満点の動画であり、かつ貴重な一級品資料でもあります。
第72回目の今回は以下の2本です。
少し昔の動画2本です。一本目は北上市の「みちのく芸能まつり」から鹿踊り。夜の鹿踊りはデモーニッシュな匂いがいっぱいです。二本目は「黒森神楽」から。舞がキレキレです。
ほかにもご紹介したい動画がたくさんありましたが、この2本を選びました。
ご興味のある方は、阿部氏のYOU TUBEをのぞいてみてください。
ものすごいコレクションです。


「 1995年北上みちのく芸能まつりおまつり広場1 」


「 2002年黒森神楽盛岡南昌荘公演7」

過去の動画はこちらからご覧いただけます。

「シリーズ 遠野の自然 「遠野の大雪」 7面

シリーズ第70回目。「遠野1000景さん」の写真を拝借して岩手・遠野の魅力をお伝えします。 遠野ではすでに氷点下二桁の日があるようです。そんなことですっかり冬を迎えた遠野の風景をお送りします。

「魚食べよう!連載紙上料理教室52回目《 サーモンとブロッコリー、ネギの軽い煮込みチーズ風味 》」 3面

【東北水産業再興のための中長期的支援運動のすすめ】としての【連載 紙上料理教室】の第52弾は《サーモンとブロッコリー、ネギの軽い煮込みチーズ風味 》。 記事をご提供いただいた松本さんからは「シャンペンやワインに合います。クリスマスディナーに」とのコメントが寄せられています。ぜひお試しください。また、地震で被災されたみなさま、これから冬を迎えますが、お見舞い申し上げます。

『消えた道州制論議』 5面

大友浩平さん写真創刊号からの連載企画の第79回目。大友さん、創刊以来のお付き合いとご寄稿ありがとうございます。
大友さんご指摘の通り、かつて全国で大いに議論された道州制ですが、いまはすっかり消滅してしまいました。それを再び取り上げています。

『『エミシはいなかった』説が東北にもたらすものの事』 6面

奥羽越現像さん写真

創刊号からの連載企画の第79回目。げんさん、創刊以来のお付き合いとご寄稿ありがとうございます。
まさか、まさかのタイトルの本を取り上げています。内容も、エミシはいなかった、作り上げられた虚構だと。そんなはずはないのです。そこを論じています。

【写真でお伝えする『東北の風景』(初冬の山)】 4面

尾崎匠氏の写真を拝借して東北の風景や文化をお伝えするシリーズの26回目。 今回は「初冬の山」です。下界にはちらほらと降る雪ですが、お山はすっかり雪化粧です。そんな景色をお届けします。

【第1回三陸酒海鮮会ANNEXE(12/2)赤坂見附で開催】 3面

前回は、従来の形を少し変え、場所も変え、ワインと三陸海鮮の組合せでした。たまにはワインと三陸の海鮮の組合せもいいですね。 次回はまた渋谷の焚火家さんに戻ります。

『「米作りの東北」イメージを再検証する いまさらながらの東北再興ビジョン A 』 8面

いま、来年の大嘗祭が話題です。平成2年の今上天皇の大嘗祭では秋田の米が用いられました。そんなことで、今回は、天皇による大嘗祭と東北の米との関係を考えてみました。   

協力者募集

当新聞の発行にボランティアでご参加いただける方を募集しております。

記事の投稿をお願いできる方、記者・編集者等としてご協力いただける方、ニュースのご紹介、その他新聞発行に関わるさまざまな業務にご協力いただける方は、下記連絡先までご連絡ください。
お待ちしています。

yumuyu@wj8.so-net.ne.jp

公益社団法人 全日本郷土芸能協会への支援の呼びかけ

現在、協会が立ち上げた『東日本大震災・郷土芸能復興支援プロジェクト』への支援呼びかけに協力するため、当新聞のTOPページ右上にクリックボタンを設定しております。ご協力のほどお願い申し上げます。

他の復興活動との連係を目指します!

当新聞は東北復興を目指す他のさまざまな個人、組織、機関との連携を目指します。

復興は、多くの個別の活動がバラバラに林立するだけでは非効率であるし、シナジー効果も産み出せないと考えます。そのため当新聞そのものが、さまざまな活動が連携を模索する場でもありたいという願いから、積極的に他の活動をPRしてまいりたいと思います。

この趣旨にご賛同の活動主体の皆さんから積極的に自薦または他薦をお願いいたします。