【東北の埋もれた歴史を発掘する映像企画ー『鬼がつくった日本刀』 11/16から撮影開始】 1面



東北の埋もれた歴史を発掘する映像企画の第二弾として、『鬼がつくった日本刀』を11/16から撮影開始する。全国に分散した奥州刀鍛冶の悲しい歴史を掘り起こす映像企画。完成は来年3月。お楽しみに!






















東北文化財映像研究所の阿部武司氏のご好意により動画を拝借してお送りいたします。
映像プロフェッショナルによるダイナミックでボリューム満点の動画であり、かつ貴重な一級品資料でもあります。
第83回目の今回は以下の2本です。

岩手県大船渡は筆者が特に親しみを感じる地域で、そこの永浜鹿踊はかつてものすごく感動した記憶があります。また門中組の虎舞も色彩が鮮やかで、ユニークな舞が大好きです。

ほかにもご紹介したい動画がたくさんありましたが、この2本を選びました。
ご興味のある方は、阿部氏のYOU TUBEをのぞいてみてください。
ものすごいコレクションです。


「 2019黄金けせん!民俗芸能大祭「永浜鹿踊」」


「2019黄金けせん!民俗芸能大祭「門中組虎舞」」

過去の動画はこちらからご覧いただけます。

「シリーズ 遠野の自然 「遠野の立冬」」 6面

シリーズ第81回目。「遠野1000景さん」の写真を拝借して岩手・遠野の魅力をお伝えします。 遠野の立冬風景。来るべき冬に備えて花は最後の実をつける。紅葉の葉も徐々に落ちて、澄んだ空気の立冬風景となる。そこに突如、めずらしい猫神社が闇に浮かぶ。

「魚食べよう!連載紙上料理教室63回目【サバのトマトソースのせ】」 2面

【東北水産業再興のための中長期的支援運動のすすめ】としての【連載 紙上料理教室】の第63弾は《サバのトマトソースのせ》。タイムの香りを使った、サバのトマトソースのせ。 オリーブオイルでニンニクとトマトを炒めたソースが美味とのこと、みなさん、ぜひチャレンジしてみてください!

『台風の被害からどう身を守るか』 4面

大友浩平さん写真創刊号からの連載企画の第90回目。大友さん、創刊以来のお付き合いとご寄稿ご苦労様です。
今般の台風では宮城県も大きな被害を出しました。まさにタイムリーな寄稿です。

『東北は埋もれた歴史の宝庫』  7面

短期間にあちこち旅すれば東北の歴史の厚みが理解できる。古都の奈良や京都の古さとは比較にならない歴史の長さ。特に西日本へ旅すると、東北とのギャップで余計に東北の魅力が理解できるという考察。やはり、東北の埋もれた歴史は掘り起こさなければなりませんね。

【写真でお伝えする『東北の風景』(紅葉 )】 3面

尾崎匠氏の写真を拝借して東北の風景や文化をお伝えするシリーズの37回目。 この季節は何といっても紅葉です。東北の紅葉を十二分にお楽しみください。

【ケルティック・ミュージックの舞台たる東北の事】 5面

奥羽越現像さん写真

ケルト音楽は今やスコットランドが盛んなようです。東北にもケルト音楽のような音楽が欲しいですね。

『 日本を取り巻く漁場では「魚種交代」という現象が起きている!』 2面

サンマやスルメイカの不漁はよく聞くが、他方で、マサバは豊漁だと。どうやら日本を取り巻く漁場で「魚種交代」という、数十年規模の変化が起きているようだ。

【第41回三陸酒海鮮会(11/9)】 8面

今回号も引き続き、足掛け7年目続行中の三陸復興支援の会の様子です。今回は特に牡蠣鍋ですね。それといつもの東北地酒。焚火家さん、いつもありがとうございます。

協力者募集

当新聞の発行にボランティアでご参加いただける方を募集しております。

記事の投稿をお願いできる方、記者・編集者等としてご協力いただける方、ニュースのご紹介、その他新聞発行に関わるさまざまな業務にご協力いただける方は、下記連絡先までご連絡ください。
お待ちしています。

yumuyu@wj8.so-net.ne.jp


公益社団法人 全日本郷土芸能協会への支援の呼びかけ

現在、協会が立ち上げた『東日本大震災・郷土芸能復興支援プロジェクト』への支援呼びかけに協力するため、当新聞のTOPページ右上にクリックボタンを設定しております。ご協力のほどお願い申し上げます。

他の復興活動との連係を目指します!

当新聞は東北復興を目指す他のさまざまな個人、組織、機関との連携を目指します。

復興は、多くの個別の活動がバラバラに林立するだけでは非効率であるし、シナジー効果も産み出せないと考えます。そのため当新聞そのものが、さまざまな活動が連携を模索する場でもありたいという願いから、積極的に他の活動をPRしてまいりたいと思います。

この趣旨にご賛同の活動主体の皆さんから積極的に自薦または他薦をお願いいたします。