【新型コロナ禍を踏み台に東北再興の道を探る提言】 1-2面


新型コロナ禍をめぐり、今後の世界は大きく変わろうとしています。そこで、この大変化をただ傍観しているのではなく、ぜひ海外からの国内回帰企業と医療産業の受け皿になって、東北再興の足掛かりにして欲しいという提言です。





従来の民俗芸能動画紹介に加えて、前号に引き続き、当新聞の発行元である(株)遊無有がプロデュースした「埋もれた東北古代史を掘り起こす映像 シリーズ」のプロモーションビデオも紹介させていただきます。シリーズ第一弾企画は、日本刀の真実のルーツを掘り起こした映像 【鬼がつくった日本刀】のプロモーション動画です。5月末からの上映予定でしたが、3度目の延期で7月からの上映となりました。3月末からのDVD販売を開始しております。 なお、DVDの購入お問い合わせが多くなっております。郵便番号・ご住所・ご氏名・電話番号・ご希望本数を明記のうえ、下記アドレスまでお知らせ ください。税込3300円、送料無料です。
「y.s.yumuyu@ozzio.jp」

また、従来からの継続ですが、東北文化財映像研究所の阿部武司氏のご好意により動画を拝借してお送りいたします。
映像プロフェッショナルによるダイナミックでボリューム満点の動画であり、かつ貴重な一級品資料でもあります。
第90回目の今回は以下の動画です。
ほかにもご紹介したい動画がたくさんありましたが、この1本を選びました。
ご興味のある方は、阿部氏のYOU TUBEをのぞいてみてください。
ものすごいコレクションです。



「【鬼がつくった日本刀】のプロモーションビデオ」


「 疫病退散祈願!村崎野大乗神楽『薬師舞」

「シリーズ 遠野の自然 「遠野の立夏」」 6面

シリーズ第87回目。「遠野1000景さん」の写真を拝借して岩手・遠野の魅力をお伝えします。 前回に続いての遠野の風景写真満載です。依然として新型コロナウィルス感染でパニック状態の世界です。こうした日常だからこそ、遠野の大自然で心を落ち着かせてください。人間の営みとはまったく独立した自然の運行を見て、冷静さを保持してください。

「魚食べよう!連載紙上料理教室69回目【イカの味噌和え】」 3面

【東北水産業再興のための中長期的支援運動のすすめ】としての【連載 紙上料理教室】の第69弾は《イカの味噌和え》。記事提供の松本さんからは、近年のイカ不漁を心配されて「今年はイカの回遊を期待してます。」とのコメントが寄せられています。みなさん、ぜひチャレンジしてみてください!

『「東北・新潟緊急共同宣言」は現代版「奥羽越列藩同盟」か』5面

大友浩平さん写真創刊号からの連載企画の第96回目。大友さん、創刊以来のお付き合いとご寄稿ご苦労様です。
東北6県に新潟県が加わり、新型コロナウィルス対策が共同で打ち出されたとのこと、ほんとに維新前夜を彷彿とさせますね。

【写真でお伝えする『東北の風景』(コロナウィルス退散!遠野鹿踊)】 4面

尾崎匠氏の写真を拝借して東北の風景や文化をお伝えするシリーズの43回目。 新型コロナウィルス退散お守りとして、遠野の鹿踊りの写真をお届けします。

『有害な中央集権から真の地方分権へ/危機におけるリーダー論、再び!』 7面

いま国民が知りたいのは、いまどこにいて、どうなっていて、近未来がどうなるか、それを端的に示すこと!これに尽きますが、期待できません。この際、形骸化した中央集権に代わって、全国知事連合に任せて、真の地方分権を実現してはどうでしょうか?

【新型コロナウィルスだけじゃない/この千年の疫病の歴史】8面

人間はいつも疫病とともに歩んできました。新型コロナウィルスだけが「未曽有」の疫病ではありません。この千年間を振り返るだけでも 大変な規模でまん延した疫病と戦ってきたのです。そうした歴史を振り返り、冷静になりましょう。

【ほんに恋しや、東北地酒!いつになれば飲めるやら?】3面

延期を余儀なくされた3月14日の三陸酒海鮮会は、依然として代替日程が未定のまま推移しております。美味しい東北地酒への恋しさが狂おしいほどに募っておりますが、みなさま、しばし我慢ですぞ!以前の写真画像のみで何とか耐えてください。またお会いできる日を楽しみに!

協力者募集

当新聞の発行にボランティアでご参加いただける方を募集しております。

記事の投稿をお願いできる方、記者・編集者等としてご協力いただける方、ニュースのご紹介、その他新聞発行に関わるさまざまな業務にご協力いただける方は、下記連絡先までご連絡ください。
お待ちしています。

yumuyu@wj8.so-net.ne.jp

公益社団法人 全日本郷土芸能協会への支援の呼びかけ

現在、協会が立ち上げた『東日本大震災・郷土芸能復興支援プロジェクト』への支援呼びかけに協力するため、当新聞のTOPページ右上にクリックボタンを設定しております。ご協力のほどお願い申し上げます。

他の復興活動との連係を目指します!

当新聞は東北復興を目指す他のさまざまな個人、組織、機関との連携を目指します。

復興は、多くの個別の活動がバラバラに林立するだけでは非効率であるし、シナジー効果も産み出せないと考えます。そのため当新聞そのものが、さまざまな活動が連携を模索する場でもありたいという願いから、積極的に他の活動をPRしてまいりたいと思います。

この趣旨にご賛同の活動主体の皆さんから積極的に自薦または他薦をお願いいたします。