【東北ー北海道ー大陸の『北方交易圏』の存在】 1面



『北方交易圏』の存在は、津軽を治めた日の本将軍・安東家の分析から確実だがその起源はいつからだろうか?アイヌもその交易圏で交易していた。 奥州藤原氏も。阿倍比羅夫も知っていただろう。だから縄文時代にまで遡るか?いやもっと古いだろう。北方ルートで遠い祖先が大陸から渡って来た時からか。




東北文化財映像研究所の阿部武司氏のご好意により動画を拝借してお送りいたします。
映像プロフェッショナルによるダイナミックでボリューム満点の動画であり、かつ貴重な一級品資料でもあります。
第79回目の今回は以下の2本です。

「いわて絆まつりin宮古」から、鹿おどり2動画です。「上亰鹿子踊」は鹿たちの乱舞、「花輪鹿子踊り」は一頭の鹿の踊りです。

ほかにもご紹介したい動画がたくさんありましたが、この2本を選びました。
ご興味のある方は、阿部氏のYOU TUBEをのぞいてみてください。
ものすごいコレクションです。


「 いわて絆まつりin宮古「上亰鹿子踊」 」


「 いわて絆まつりin宮古「花輪鹿子踊り」 」

過去の動画はこちらからご覧いただけます。

「シリーズ 遠野の自然 「遠野の小暑」 7面

シリーズ第77回目。「遠野1000景さん」の写真を拝借して岩手・遠野の魅力をお伝えします。 暦では小暑というのに冷夏の予感がします。天候不順という落ち着かない環境下でも咲き乱れる花々が心を穏やかにします。

「魚食べよう!連載紙上料理教室59回目【タコとアボカドのぜいたくキムチ丼】 / 第40回 三陸酒海鮮会 ご案内」 3面

【東北水産業再興のための中長期的支援運動のすすめ】としての【連載 紙上料理教室】の第59弾は《タコとアボカドのぜいたくキムチ丼》。タコとクリーミィなアボカドをキムチの辛味と旨みが包み込んで美味しいとの松本氏のコメントが寄せられています。みなさん、ぜひ!
次の三陸酒海鮮会は夏を避けて9月21日(土)、16:00〜19:00、場所は焚火家渋谷店です。たくさんのみなさまのご参加をお待ちしております。

『東北の人口減少をどうするか』5面

大友浩平さん写真創刊号からの連載企画の第86回目。大友さん、創刊以来のお付き合いとご寄稿ありがとうございます。
3・11以降の東北人口減少はほんとうに心が痛みます。東北6県のデータの内、3県のデータは5面に、残りの3県は8面に記載です。

『東北の鉄を追いかけて』 2面

古代東北の鉄を追いかけて、先月末に【古・クロガネ】展(岩手県立博物館)に出かけてみた。 そこで見た数々のパネルに着想を得て、かつて見た中鉢美術館の日本刀ルーツ、今年上映した『涌谷7000年の歴史』のたたら製鉄に一連の東北の鉄のつながりが見えてきた。

【写真でお伝えする『東北の風景』(鹿群出陣)】 4面

尾崎匠氏の写真を拝借して東北の風景や文化をお伝えするシリーズの33回目。 岩手に鹿群出陣です。たくさんの「鹿」が紙面上で乱舞しています。写真提供者の尾崎さんは先日フォトコンテストで表彰されました。おめでとうございます。

【「巨人」へ静かに立ち向かった二人の東北人の事】 6面

奥羽越現像さん写真

少しの間お休みだったげんさんが戻ってこられました。復帰第一号の記事です。今回の記事は、今和次郎と佐々木喜善を取り上げています。

『【海鮮屋】仙台国分町』8面

仙台の国分町で、三陸海鮮と東北地酒を堪能してきました。たくさん食べ、たくさん呑んできました。写真もいっぱいです。

協力者募集

当新聞の発行にボランティアでご参加いただける方を募集しております。

記事の投稿をお願いできる方、記者・編集者等としてご協力いただける方、ニュースのご紹介、その他新聞発行に関わるさまざまな業務にご協力いただける方は、下記連絡先までご連絡ください。
お待ちしています。

yumuyu@wj8.so-net.ne.jp

公益社団法人 全日本郷土芸能協会への支援の呼びかけ

現在、協会が立ち上げた『東日本大震災・郷土芸能復興支援プロジェクト』への支援呼びかけに協力するため、当新聞のTOPページ右上にクリックボタンを設定しております。ご協力のほどお願い申し上げます。

他の復興活動との連係を目指します!

当新聞は東北復興を目指す他のさまざまな個人、組織、機関との連携を目指します。

復興は、多くの個別の活動がバラバラに林立するだけでは非効率であるし、シナジー効果も産み出せないと考えます。そのため当新聞そのものが、さまざまな活動が連携を模索する場でもありたいという願いから、積極的に他の活動をPRしてまいりたいと思います。

この趣旨にご賛同の活動主体の皆さんから積極的に自薦または他薦をお願いいたします。